放棄・限定承認

ここでは、相続放棄と限定承認についてご説明いたします。

相続方法には、単純に財産を相続する単純相続(単純承認)や、 相続財産のすべてを放棄する相続放棄、財産の一部のみを相続する限定承認という3つの相続方法があります。

相続方法を決めるにあたり、相続財産の全てを調査する必要があります。調査をしないまま、単純承認、相続放棄をしてしまうと、借金ばかりを相続してしまったり、プラスの財産があるにも関わらず、すべての相続を放棄してしまう事になりますので、慎重な調査と検討が必要です。

また、こういった相続放棄や限定承認の手続きは家庭裁判所にて手続きをしなければなりません。相続方法でお困りの方は、お気軽にお問合せください。

  • 無料相談はこちら
  • お問い合わせはこちら
戸籍取り寄せオンライン