相続手続きに関する相談事例

被相続人名義の預貯金口座についてはどうしたらいい?

2016年05月14日

被相続人名義の預貯金口座についてはどうしたらいい?  金沢

父が亡くなり、遺産を相続することになりました。遺産分割協議も終わり、預貯金については私が相続することになりました。亡き父名義の預貯金口座から払い戻しを受けるためには、どのように手続きを進めたらよいのでしょうか?

 

亡くなったお父様名義の銀行口座を解約しましょう

 預貯金は、口座の名義人が亡くなると「凍結」されて、お金をおろすことができなくなります。そのため、相続人から各金融機関に対して本人が死亡した旨を届け出て、所定の手続を行う必要があります。

 金融実務では、相続人が個別に金融機関の窓口を訪れて、自分の法定相続分に相当する金額の預貯金だけをおろそうとしても、まず受け付けてもらえません。「凍結」された預貯金を解約してお金をおろすためには、それぞれの金融機関ごとに所定の用紙(または遺産分割協議書)に相続人全員の署名と実印での押印をして、印鑑証明書と、その口座の名義人の出生から死亡までの戸籍謄本などを揃えて、窓口に提出する必要があります。手続きは金融機関ごとに多少異なりますので、まずは各金融機関にお問い合わせください。

 

この回答をされた専門家はこちら

金沢みらい共同事務所
代表 司法書士 森 欣史
金沢市にある、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士の合同事務所。税金や法律、許認可までをワンストップ・サービスで実現してくれる。

運営サイト:金沢みらい共同事務所

  • 相続手続き
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割
  • 不動産の名義変更
  • 不動産評価・不動産売却
  • 金融資産の名義変更
  • 相続税申告
  • 相続トラブル
  • 相続放棄・限定認証
  • 家裁への手続き
  • 相続税関連の税務と贈与
  • 死後の事務手続き

 

ご相談事例以外のご相談をしたい方は、ご相談フォームよりお気軽にご相談ください。

 

  • 無料相談はこちら
  • お問い合わせはこちら
戸籍取り寄せオンライン