相続手続きに関する相談事例

(京都)財産を隠されているのでは、と疑ってしまいます。

2016年10月28日

財産を隠されているのではないか・・・(京都)

亡くなった母の預金について、同居していた兄夫婦が無いと言い張っています。通帳すら見せてもらえません。私も母も京都に住んでいましたが、一緒に暮らしていませんでした。しかし、母の生前に預金がある話や、その預金を預けている銀行についても話を聞いていたので、本当は預金があるのに兄夫婦が独占するために隠しているのではないかと疑ってしまいます。ただ、兄夫婦は預金が無いと主張しているので何度も聞くのも気が引けます。家族みんなが納得した内容で相続がしたいのですが、兄夫婦の主張か本当なのか嘘なのか確認する方法はありますか?

 

財産調査をしましょう!

相続人は、被相続人の相続財産について調べる事ができます。すなわちご相談者様は亡くなったお母様の相続財産について知らべることが可能です。これを財産調査といい、被相続人名義の不動産や金融資産について、どこに、どのくらいあるのかを調べる事を指します。
お母様の預金について調べたい場合は、生前にお母様が預金を預けているとお話されていた金融機関へ出向き、残高証明書等を取得する事をお勧めいたします。必要な書類や手続き方法は各金融機関のHPで確認するか、直接金融機関の窓口で確認してみましょう。

京都での財産調査はお任せください。ご家族が納得いくような内容で相続をするためのお手伝いを親身にさせていただきます。

 

この回答をされた専門家はこちら

アイワ行政書士法務事務所
代表行政書士 西村 泰昭
京都市左京区の行政書士。地域に密着し、親身な対応でお客様から厚い信頼を寄せられる街の法律家。

運営サイト:アイワ行政書士法務事務所

  • 相続手続き
  • 相続の基礎知識
  • 遺産分割
  • 不動産の名義変更
  • 不動産評価・不動産売却
  • 金融資産の名義変更
  • 相続税申告
  • 相続トラブル
  • 相続放棄・限定認証
  • 家裁への手続き
  • 相続税関連の税務と贈与
  • 死後の事務手続き

 

ご相談事例以外のご相談をしたい方は、ご相談フォームよりお気軽にご相談ください。

 

  • 無料相談はこちら
  • お問い合わせはこちら
戸籍取り寄せオンライン