準確定申告

準確定申告は、相続があると分かった日の翌日(通常、被相続人が亡くなった日の翌日)から4か月以内に行わなくてはなりません。
 これは、亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの亡くなった方の所得を申請し、納税するものです。
必ずしも全員申請しなければならないものではなく、該当する方は準確定申告を行う必要があります。

 

準確定申告必要者

などです。

また、死亡日までに多額の医療費を亡くなった方が支払っていた場合は、医療費控除を受けられる可能性がありますので、申請しましょう。

準確定申告を行う場所は、亡くなった方の住所を管轄する税務署で、申告を行う人は、相続人の方です。2人以上相続人がいる場合は、連署によって申告を提出することが原則になっています。

  • 無料相談はこちら
  • お問い合わせはこちら
戸籍取り寄せオンライン